PERSON

INTERVIEW

06

首都圏支社 業務部2015年入社

佐熊 千裕CHIHIRO SAKUMA

業務部の仕事とは

経理・総務・労務といった管理業務をはじめ、営業部門の業務推進や得意先の売り上げ状況確認なども行い、支社全体を支える。それが森永乳業の「業務部」の仕事です。 多くの部門と連携しながら先を見据えて行動し、会社の持続的な成長をサポートします。

INTERVIEW
周囲から頼られ、全力で応え感謝される。
その信頼が、心地良い。

幅広い業務に対応するため、 常に先を読みながら行動する。

業務部では経理・総務・労務・債権といった管理業務を中心に、社員1人ひとりが働きやすい環境をつくり、サポートしています。私がメインで担当しているのは、業務推進。販売損益の計画・見込み・実績管理などを手掛けて営業部門を支援し、会議の資料と議事録作成、部門横断型プロジェクトの取りまとめなどを行っています。そして、もう一つ担っているのが支社長秘書としての役割です。支社長のスケジュールを管理し、支社長がお得意先さまと円滑な商談等ができるように様々な対応を行っております。業務推進と秘書の2つの業務は、どちらも支社長の動きに合わせて行動することが多いものです。業務領域も広いため、常に先を読み、優先順位をつけて効率良く業務に取り組む力が養われたと感じています。

頼まれごとは、試されごと。
感謝の言葉は、信頼の証。

私は2015年に入社してから、これまでずっと首都圏支社の業務部に所属してきました。印象に残っているのは、入社2年目の冬。支社長が経営会議で来期予算達成方針を発表する機会があり、その資料作成をイチから任せてもらいました。支社長や関係各所と打ち合わせを重ね、簡潔でわかりやすく、抜けのない資料を作り上げることができました。打合せを通じて、営業部門が目指している目標あるいは課題抽出方法等、多くを学ぶことができました。会議後は支社長からお礼の言葉をもらい、社会人として、業務部の一員として自分の仕事に自信をもてるように。いまではさまざまな依頼にも臨機応変に対応できるようになりましたし、信頼を寄せられているからこそ感謝の言葉がもらえるのだと考えています。

周囲をサポートしながら自己成長を実現し、会社のさらなる躍進を後押し。

私はもともと牛乳が苦手で、ヨーグルトも食べることができませんでした。しかし、大学生の頃に母親から当社の『ギリシャヨーグルト パルテノ』を勧められ、濃厚でクリーミーな味わいの虜に。パルテノのおかげでヨーグルト嫌いを克服し、「こんなにおいしい商品をつくる会社なら私も働きたい」と思ったことがきっかけで当社を志望しました。最終面接の前に行われた懇談会では先輩たちの人柄の良さに惹かれ、「こういう人たちと一緒に働けばありのままの自分を受け入れてくれそうだ」と感じたことを覚えています。
業務部は営業をはじめ多くの人と関わるポジションです。面接時に感じた「一緒に働きたい人たち」から頼られることはとてもやりがいがありますし、周囲をサポートしながら自分自身も成長し、会社のさらなる躍進に寄与したいと思っています。

※本記事は取材当時(2019.12)のものです。