PERSON

事務系

営業
商品を売り込むだけでなく、取引先とWin-Winの関係を築いていく。 BtoC(消費者向け)営業は大きく分けて2つある。1つ目は飲料やデザート、チーズ、粉ミルクなどをスーパー、コンビニエンスストア、販売店に対し、商談を行い、売り場や売り方の提案をする仕事。2つ目は壜などの宅配専用商品を街の牛乳販売店に売っていく仕事。BtoB(企業向け)営業は素材原料や機能性素材を外食業界、製菓・製パン業界、食品メーカーやサプリメントメーカーなど、さまざまな企業に対し、販売を行い、商品設計にも関わっていく仕事である。
マーケティング
世の中のニーズを的確にキャッチし、まだ世の中にない価値を提案する。 市場調査や競合商品の分析にはじまり、商品コンセプトの設計やパッケージデザイン、商談ストーリー、広告作成などの販売戦略を立てていき、新しいおいしさを提供できる魅力的な商品をゼロから考える。それだけでなく、既存商品の更なる育成を行っていく。 お客様に「笑顔と幸せな時間」を提供し続ける仕事である。
海外事業
海外市場に対する戦略企画、マーケティング、販売を行う。 海外事業全体の戦略立案、中期計画・予算の策定、海外関係会社の経営管理サポート、製造を伴う事業立ち上げのプロジェクトマネジメント、業務管理やサポートなどを行う他、マーケティング戦略の立案や製品開発、輸出販売業務、販売プロモーション、新規市場参入戦略の立案・実行、技術サポートなど営業的な役回りも担っていく仕事である。
調達
高品質の原材料を適時・適量・適価で安定的に調達しつづける。 製造に使用する原料・包装材料を国内外から適切な購入先を選定し、高品質なものを購買・調達する。深い製品知識や原価計算スキルをベースに、世界情勢や為替などにも目を向け、商品をつくるために必要なものの安定供給を担っていく。円滑な生産活動を維持し、原価低減による製品利益の増大に貢献していく仕事である。
管理
会社の財産といわれる「ヒト・モノ・カネ」を管理する。 経営企画や人事、総務、財務、広報、広告、情報システム、工場事務、支社支店の業務部など、様々な部署が存在している。 工場事務は製造に必要な資材の受発注をして、計画的な製造を支えるほか、お金・物の出入りを把握し、工場全体の効率化を図っている。支社・支店の業務担当は経理、債権管理、労務などの仕事を通して、営業社員の支援や、支店の運営サポートを行う。それぞれの立場から経営資源を管理し、旗振り役として会社全体を動かしていく仕事である。
物流
お客様に森永乳業の商品を安定的に届け続ける。 需要と供給のバランスを見極め、製造、受注、配送までの商品の一連の動きを管理する。モノの移動だけではなく、その過程でのさまざまな役割を担っていく。「安定した供給体制の追求」「省人化・省力化」「安全向上・製品品質保持・業務品質向上」「効率的な製品供給体制」などを実現していくことで、サプライチェーンの最適化に貢献する仕事である。

技術系

製品開発
幾多のトライ&エラーと試作を繰り返しながら、コンセプトに沿う商品をカタチにする。 マーケティング部門からの依頼と製品開発部門自身の発案により、乳の力を最大限に活用して新商品の風味や食感などをカタチにしていく。コアとなるおいしさ・機能をどこまでも追求し、お客様に支持される魅力的な商品へと仕上げていく。また、新商品開発だけではなく、既存商品のリニューアルや製造技術の開発やおいしさと安全を守る容器包装の開発も行っている仕事である。
研究
素材・機能・技術の開発等、世界に通用する基礎・基盤研究を行う。 これから世の中に求められるもの、研究すべきものは何かを考え、社会のニーズをもとに研究対象を特定し、研究計画を立てる。育児用粉ミルクや介護食、治療中の方向けの食品など様々な方向けの「健康」や「栄養」「おいしさ」といった研究を行っている。また、腸内フローラなどの体の機能の解明や新素材、新機能、新技術も開発を行う。未来に向けた事業基盤の確立、人々の健康維持に役立つソリューションの提案を行う仕事である。
生産技術
製造現場で当たり前の品質・おいしさを実現し続ける。 お客様へ安全・安心な商品をお届けするため、製造過程における受け入れ・仕込み・殺菌・充填・出荷等、全ての工程において徹底した品質管理を行っている。また、自分たちの設備は自分たちで守るをモットーにメンテナンス業務も自分たちで行う。何千万円、何億円もの原材料を扱うため、ロス削減を行うことで、会社のコスト削減に貢献している。他にも、環境対策、安全対策などの改善、管理も担っている仕事である。
エンジニアリング
工場の設備基盤整備と独自の技術開発、ノウハウの蓄積を行う。 工場設備を設計するための計画の作成、製造ラインの設計、設備工事や施工管理を行う。グループ会社も含めた、自社工場の新増設・改造・更新などに関する計画の立案や施工、予算の管理、稼働後のフォローアップまで、工場のラインに関わる全てを担っていく。また、新技術の導入や装置・システムの開発を行うことで、付加価値の高い安心安全な製品を効率的に製造する設備を設計・導入する仕事である。
酪農
安全で良質な原料乳を適時・適量・適価で安定的に調達しつづけ、酪農生産振興に携わっていく。 当社の多くの商品の主原料である原料乳を調達する、まさに森永乳業のルーツとなる部分を担う。乳質・安全にこだわりながら、主に生乳の取引・集乳計画・需給調整に関する業務を行う。また、飼料販売を行うことで、良い質の生乳確保を行っている。酪農振興に積極的に関与していくことで、生産者とともに事業発展に取り組める体制を構築している仕事である。