RECRUITING SITE
ホーム > 採用情報 > 福利厚生
採用情報

1. 健康施策

健康施策

健康管理のため、定期健康診断の実施をはじめとして、社員向けの健康セミナーの開催や、健康相談窓口の設置、人間ドックの費用やインフルエンザ予防注射費用を補助しています。また運動不足を防ぐため、全国各地のスポーツクラブを法人会員料金で利用することができます。

2. 休暇

休暇

計画的に年次有給休暇を取得するマイ・ホリデー制度があり、原則5営業日連続での年休取得による長期休暇の取得を促進することで、リフレッシュを支援しています。

3. レクリエーション活動、クラブ活動

レクリエーション活動、クラブ活動

組織内や組織間の連携強化を目的としたレクリエーション活動や、社内クラブの活動費用を補助しています。社内には、野球、フットサル、剣道、ヨット、フラワーデザインなどさまざまな部活動があります。

4. 住宅支援

住宅支援

社員へのサポートの一つとして、さまざまな住宅支援を用意しています。30歳到達後最初の3月31日まで、家賃または住宅ローンの8割を毎月支給しています。

※地域区分に応じて上限額が設けられています。
※新入社員の入社時は会社が用意する住居に入居することが原則です。

5. 育児支援

育児支援

仕事と育児の両立を目指す社員を支援するため、様々な制度やサービスを導入しています。
育児や妊娠を理由に、就業時間を短縮する制度や、育児休業中の手当などがあります。
また、育児休業中の不安を緩和する目的で、会社・上司からの連絡やスキルアップ講座などが利用できるサービスや、経済的な支援として、保育施設やベビーシッター等を割引料金で利用できるサービスを導入しています。

制度だけでなく、育児をしながらの自分らしいワークスタイルを身に着けるための研修等も行っています。
さらに男性社員に向けては、配偶者の出産時に使用できる「配偶者出産休暇」は有給で最大5日間まで取得できます。育児休業も一部有給で取得できる制度があり、配偶者出産休暇と育児休業を組み合わせて利用する男性社員も増えてきています。

6. 介護支援

介護支援

家族の介護を理由に、就業時間を短縮する制度や、出勤時間を前後に調整する制度などがあります。介護休業は、介護を必要とする家族一人につき通算185日まで取得することができます。また、介護サービスや介護用品を割引価格で利用できるサービスを導入しています。
別居の家族を介護している社員の経済的負担の軽減のため、介護に伴う帰省の交通費を補助する「介護帰省補助」を2018年に新設しました。

7. 食事に対する支援

食事に対する支援

本社・研究所・工場の多くには「社員食堂」があり、低価格でバランスの取れた食事ができます。支社・支店の社員には、食事代の補助があります。

8. 資産形成支援

資産形成支援

社員の資産形成を支援する制度があります。財形貯蓄制度では、社員の給与の一部を毎月貯蓄し、マイホーム取得や個人年金の積み立てを支援しています。持株会制度では、社員の給与からの積み立てと、会社からの奨励金で自社株式の取得を支援しています。

9. 公的資格取得者への支援

公的資格取得者への支援

法律や税務、知的財産、システムなどの難関資格取得者や、工場での技術資格者に対する支援があります。
入社後に必要な公的資格を取得できるよう、受験費用の補助や、資格取得時の一時金を支給することにより、自己研鑽を続ける社員の努力を奨励しています。
また、工場での技術資格など、会社の事業に必要な公的資格を持ち、その資格を官公庁へ届出している社員に対して、手当を支給しています。

10. 営業担当者への支援

営業担当者への支援

業務時間の多くを外勤する社員に対して、被服代(スーツ代)の補助を行っています。また営業でセールスカーを運転する社員には、運転免許証の更新費用を補助しています。

11. 外部福利厚生サービスによる
      生活支援

外部福利厚生サービスによる生活支援

外部福利厚生サービスを法人契約しており、レジャー施設、ホテル、レストラン、国内・海外旅行、レンタカー、映画館、スポーツクラブ、英会話スクール、資格取得スクールなどを低料金で利用することができます。

12. 慶弔関係

慶弔関係

社員の結婚、子供の出生、弔事などライフイベントの際には慶弔金が支給され、休暇が取得できます。

福利厚生の一覧

  • ◆社会保険健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、介護保険
  • ◆住宅社有社宅、社有独身寮、若年者自立支援住宅手当、転勤者住宅手当、住宅手当
  • ◆各種保険団体生命保険、団体傷害保険、医療保険、がん保険、自動車保険
  • ◆出産・育児・介護関連つわり休暇、通院時間有給制度、育児休業、妊娠・育児・介護による短時間勤務制度、妊娠・育児・介護による時差勤務制度、看護休暇、配偶者出産休暇、介護休暇、介護休業
  • ◆退職金制度確定給付企業年金制度
  • ◆食事に対する支援社有食堂、食事代補助
  • ◆慶弔贈与金祝い金、弔慰金
  • ◆財形等財形住宅融資制度、財形貯蓄制度、持株会制度
  • ◆営業担当者被服代(スーツ代)補助、運転免許更新費用補助
  • ◆その他公的資格手当制度、外部福利厚生サービス
back to top

福利厚生

1. 健康施策

健康施策

健康管理のため、定期健康診断の実施をはじめとして、社員向けの健康セミナーの開催や、健康相談窓口の設置、人間ドックの費用やインフルエンザ予防注射費用を補助しています。また運動不足を防ぐため、全国各地のスポーツクラブを法人会員料金で利用することができます。

2. 休暇

休暇

計画的に年次有給休暇を取得するマイ・ホリデー制度があり、原則5営業日連続での年休取得による長期休暇の取得を促進することで、リフレッシュを支援しています。

3. レクリエーション活動、
クラブ活動

レクリエーション活動、クラブ活動

組織内や組織間の連携強化を目的としたレクリエーション活動や、社内クラブの活動費用を補助しています。社内には、野球、フットサル、剣道、ヨット、フラワーデザインなどさまざまな部活動があります。

4. 住宅支援

住宅支援

社員へのサポートの一つとして、さまざまな住宅支援を用意しています。30歳到達後最初の3月31日まで、家賃または住宅ローンの8割を毎月支給しています。

※地域区分に応じて上限額が設けられています。
※新入社員の入社時は会社が用意する住居に入居することが原則です。

5. 育児支援

育児支援

仕事と育児の両立を目指す社員を支援するため、様々な制度やサービスを導入しています。
育児や妊娠を理由に、就業時間を短縮する制度や、育児休業中の手当などがあります。
また、育児休業中の不安を緩和する目的で、会社・上司からの連絡やスキルアップ講座などが利用できるサービスや、経済的な支援として、保育施設やベビーシッター等を割引料金で利用できるサービスを導入しています。
制度だけでなく、育児をしながらの自分らしいワークスタイルを身に着けるための研修等も行っています。
さらに男性社員に向けては、配偶者の出産時に使用できる「配偶者出産休暇」は有給で最大5日間まで取得できます。育児休業も一部有給で取得できる制度があり、配偶者出産休暇と育児休業を組み合わせて利用する男性社員も増えてきています。

6. 介護支援

介護支援

家族の介護を理由に、就業時間を短縮する制度や、出勤時間を前後に調整する制度などがあります。介護休業は、介護を必要とする家族一人につき通算185日まで取得することができます。また、介護サービスや介護用品を割引価格で利用できるサービスを導入しています。
別居の家族を介護している社員の経済的負担の軽減のため、介護に伴う帰省の交通費を補助する「介護帰省補助」を2018年に新設しました。

7. 食事に対する支援

食事に対する支援

本社・研究所・工場の多くには「社員食堂」があり、低価格でバランスの取れた食事ができます。支社・支店の社員には、食事代の補助があります。

8. 資産形成支援

資産形成支援

社員の資産形成を支援する制度があります。財形貯蓄制度では、社員の給与の一部を毎月貯蓄し、マイホーム取得や個人年金の積み立てを支援しています。持株会制度では、社員の給与からの積み立てと、会社からの奨励金で自社株式の取得を支援しています。

9. 公的資格取得者への支援

公的資格取得者への支援

法律や税務、知的財産、システムなどの難関資格取得者や、工場での技術資格者に対する支援があります。
入社後に必要な公的資格を取得できるよう、受験費用の補助や、資格取得時の一時金を支給することにより、自己研鑽を続ける社員の努力を奨励しています。
また、工場での技術資格など、会社の事業に必要な公的資格を持ち、その資格を官公庁へ届出している社員に対して、手当を支給しています。

10. 営業担当者への支援

営業担当者への支援

業務時間の多くを外勤する社員に対して、被服代(スーツ代)の補助を行っています。また営業でセールスカーを運転する社員には、運転免許証の更新費用を補助しています。

11. 外部福利厚生サービスによる生活支援

外部福利厚生サービスによる生活支援

外部福利厚生サービスを法人契約しており、レジャー施設、ホテル、レストラン、国内・海外旅行、レンタカー、映画館、スポーツクラブ、英会話スクール、資格取得スクールなどを低料金で利用することができます。

12. 慶弔関係

慶弔関係

社員の結婚、子供の出生、弔事などライフイベントの際には慶弔金が支給され、休暇が取得できます。

福利厚生の一覧

◆社会保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、介護保険
◆住宅 社有社宅、社有独身寮、若年者自立支援住宅手当、転勤者住宅手当、住宅手当
◆各種保険 団体生命保険、団体傷害保険、医療保険、がん保険、自動車保険
◆出産・育児・介護関連 つわり休暇、通院時間有給制度、育児休業、妊娠・育児・介護による短時間勤務制度、妊娠・育児・介護による時差勤務制度、看護休暇、配偶者出産休暇、介護休暇、介護休業
◆退職金制度 確定給付企業年金制度
◆食事に対する支援 社有食堂、食事代補助
◆慶弔贈与金 祝い金、弔慰金
◆財形等 財形住宅融資制度、財形貯蓄制度、持株会制度
◆営業担当者 被服代(スーツ代)補助、運転免許更新費用補助
◆その他 公的資格手当制度
back to top