RECRUITING SITE
ホーム > 採用情報 > 育成制度
人財育成
3年間で「自立型人財」を目指します

森永乳業では「自ら課題を設定し、解決のための行動ができ、成果の出せる人財」のことを「自律型人財」と呼び、
若手のうちに自律型人財へと成長することをめざしています。
配属された職場におけるOJT(実務を通じて基本的な知識や専門的なスキルを身につける)が育成の基本ですが、
その他にも多くの学習機会を設けて、若手社員の成長をサポートしています。

育成プログラム

メンター制度

配属先へ着任後は、新入社員一人ひとりにマンツーマンで先輩社員(メンター)がつき、業務や日常生活についてサポートします。 職場では、メンターや上司を中心に新入社員が安心して成長できる環境を整備しています。また入社3年目になると、自身がメンターとして新入社員を指導します。この経験によってメンター自身の成長もめざします。メンターに対しては新入社員とのコミュニケーションを円滑に進めるために、「メンター研修」を実施しています。

多種多様な育成プログラムを整備しています

社会人の成長には主体的なチャレンジがとても大切です。森永乳業では、社員一人ひとりが主体的なチャレンジを
通じて成長できるよう、多種多様な支援体制を整えています。

育成プログラム
集合研修

階層別研修

資格・等級、役職が変わる節目に実施される研修。その役職に期待される役割の理解・意識付けを目的として実施している。

テーマ別研修

テーマを絞り、重点的に必要とされる能力の向上や知識を習得するために実施する研修。 メンター研修や女性リーダー研修、海外研修などを実施している。

部門別研修

マーケティング、販売・営業、生産、管理などの部門別に必要な、専門的な知識の習得や能力の向上を目的とした研修。

ミルク大学

セールス大学

経理大学

生産部門の社内教育機関として「森永ミルク大学」を設けている。本学では、乳業技術・技能の伝承、品質技術の維持向上を目的とした製品カテゴリー別のテーマ研修の他に、年代(階層)別の研修制度として入社1年目に「フォローアップ研修」、2年目に「ホップアップ研修」、3年目に「レベルアップ研修」を行っている。それ以降には目的別研修として選抜し「ステップアップ研修」、「ジャンプアップ研修」を行っている。

営業部門の人財育成として、「生活者の視点で物事を考え、取引先と一緒に取組ができるセールスの実現」を目的に、30歳前後のセールスに対し選抜型の研修を実施している。約9か月間の研修を通じてセールスに必要な知識やスキルを学び、研修の最後には卒業発表として経営トップ層にプレゼンテーションを行う。

関係会社を含めた一定年数の実務経験を積んだ学習意欲の高い社員を対象に、外部教育機関のカリキュラムを活用した通信教育および集合研修を行い、幅広い経理・財務知識習得の機会を提供している。

自己学習支援

通信教育

通信教育講座を毎年2回募集している。修了者には、受講料の一部を会社が負担し、奨励金として支給している。

eラーニング

自身のパソコンやスマートフォンを利用し好きな講座を学習できるシステム。
   

社外ビジネススクール

経済学や経営学、マーケティング、財務諸表などの専門知識を平日夜間や休日に外部ビジネススクールに通学して学習する短期の講座選択型の研修。自身が希望する講座に募集し、その受講料の一部を会社が補助している。

学びサポート制度

個々のニーズに合った多様な学習機会を提供し社員の能力向上を図るための学習支援制度。事業所の裁量で実施した学習に対して会社が費用を補助している。

自己学習支援

次世代リーダー育成プログラム

次世代リーダー候補社員を選抜しMBA(経営学修士)を取得することを目的に、定期的に国内の大学院に派遣している。

仕事×子育てパワーアップセミナー

「働く」も「育児」も諦めず、限られた時間でもモチベーション高く仕事に向き合い、 成果を出すことをめざして、対象者の性別問わず、セミナーを実施している。

back to top

3年間で「自律型人財」を目指します。

森永乳業では
「自ら課題を設定し、解決のための行動ができ、
成果の出せる人財」のことを「自律型人財」と呼び、
若手のうちに自律型人財へと
成長することをめざしています。
配属された職場におけるOJT(実務を通じて
基本的な知識や専門的なスキルを身につける)が
育成の基本ですが、その他にも
多くの学習機会を設けて、
若手社員の成長をサポートしています。

新入社員研修

配属先へ着任後は、新入社員一人ひとりにマンツーマンで先輩社員(メンター)がつき、業務や日常生活についてサポートします。 職場では、メンターや上司を中心に新入社員が安心して成長できる環境を整備しています。また入社3年目になると、自身がメンターとして新入社員を指導します。この経験によってメンター自身の成長もめざします。メンターに対しては新入社員とのコミュニケーションを円滑に進めるために、「メンター研修」を実施しています。

多種多様な育成プログラムを整備しています

社会人の成長には
主体的なチャレンジがとても大切です。
森永乳業では、社員一人ひとりが
主体的なチャレンジを通じて成長できるよう、
多種多様な支援体制を整えています。

集合研修

階層別研修

テーマ別研修

部門別研修

>集合研修について詳しくはこちら

自己学習支援

留学制度

講座選択式研修

通信教育

e ラーニング(学習システム)

>自己学習支援について詳しくはこちら

その他

次世代リーダー育成

OJT(現場教育)

>詳しくはこちら

集合研修

階層別研修

資格・等級、役職が変わる節目に実施される研修。その役職に期待される役割の理解・意識付けを目的として実施している。

テーマ別研修

テーマを絞り、重点的に必要とされる能力の向上や知識を習得するために実施する研修。メンター研修や女性リーダー研修、海外研修などを実施している。

部門別研修

マーケティング、販売・営業、生産、管理などの部門別に必要な、専門的な知識の習得や能力の向上を目的とした研修。

ミルク大学
生産部門の社内教育機関として「森永ミルク大学」を設けている。本学では、乳業技術・技能の伝承、品質技術の 維持向上を目的とした製品カテゴリー別のテーマ研修の他に、年代(階層)別の研修制度として入社1年目に「フォローアップ研修」、2年目に「ホップアップ研修」、3年目に「レベルアップ研修」を行っている。それ以降には目的別研修として選抜し「ステップアップ研修」、「ジャンプアップ研修」を行っている。
セールス大学
営業部門の人財育成として、「生活者の視点で物事を考え、取引先と一緒に取組ができるセールスの実現」を目的に、30歳前後のセールスに対し選抜型の研修を実施している。約9か月間の研修を通じてセールスに必要な知識やスキルを学び、研修の最後には卒業発表として経営トップ層にプレゼンテーションを行う。
経理大学
関係会社を含めた一定年数の実務経験を積んだ学習意欲の高い社員を対象に、外部教育機関のカリキュラムを活用した通信教育および集合研修を行い、幅広い経理・財務知識習得の機会を提供している。

>表に戻る

自己学習支援

通信教育

通信教育講座を毎年2回募集している。修了者には、受講料の一部を会社が負担し、奨励金として支給している。

eラーニング

自身のパソコンやスマートフォンを利用し好きな講座を学習できるシステム。
   

社外ビジネススクール

経済学や経営学、マーケティング、財務諸表などの専門知識を平日夜間や休日に外部ビジネススクールに通学して学習する短期の講座選択型の研修。自身が希望する講座に募集し、その受講料の一部を会社が補助している。

学びサポート制度

個々のニーズに合った多様な学習機会を提供し社員の能力向上を図るための学習支援制度。事業所の裁量で実施した学習に対して会社が費用を補助している。

>表に戻る

その他

次世代リーダー育成プログラム

次世代リーダー候補社員を選抜しMBA(経営学修士)を取得することを目的に、定期的に国内の大学院に派遣している。

仕事×子育てパワーアップセミナー

「働く」も「育児」も諦めず、限られた時間でもモチベーション高く仕事に向き合い、成果を出すことをめざして、対象者の性別問わず、セミナーを実施している。

>表に戻る

BACK TO TOP